スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

フルムーンパーティー / Fullmoon Party (タイ・パンガン島)への行き方 2018 パーティー編

フルムーンパーティー / Fullmoon Party (タイ・パンガン島)への行き方 2018

Party /パーティー編
Full Moon Party は もう写真や動画では語りつくせないので是非、 直接行ってみて遊んでみてほしい。









Haad Rin Beach にいくつものBeach Barがありその都度、DJブースが ある。かかる曲はそれぞれで、EDM多め、HipHop、Reggeton、洋楽
が中心。遊びに来ているのも欧米人が多めで世界各国から集まっている。

特におススメなのが、ファイヤーダンスと言われる リンボーダンスと、炎の大縄跳びだ。

太い大縄に油をひたひたに浸し、火をつけて大縄跳びを一晩中やっている
一角があるのだ。
ひっきりなしに飛ぶ人が現れて盛り上がっているので、本当に
クレイジーな奴らが集まっていると思う。


筆者もファイヤーダンスに挑戦してみた。 があえなく失敗したが一生の経験になったw。

日本人は率は低いのだけど、欧米人率が高いので、なかなか日本人は貴重、たまに日本人同士、会うとすぐに仲良くなれる。やはりこういう時同郷はありがたい。
ちょっと、一息入れるのにおススメなのがここ Rock & Bar Restaurant
ファイヤーダンスと、盛り上がるパーティービーチを眺めながら、ビールを飲むのも
また良い!!

他にもYoutuber の方達でもFullmoon Partyの体験をアップしている人がいるので
参考にしてほしい。




フルムーンパーティー / Fullmoon Party (タイ・パンガン島)への行き方 2018

ゼロゼロ物件の退居費用でまんまと50万円請求された件- 事後記 -

>>>事後記 >>>
その半年後位後であったが、 改めて不動産業者から、裁判を起こす旨の 内容証明が来ました。 初めての裁判です。 東京簡易裁判所で民事裁判となります。 先ず、お互いの言い分を調停委員が交互に聞く形となります。 そこで、折り合いが付かなそうであれば、裁判となります。
不動産業者は全く、態度を変えずに事務的に臨んできました。
故に平行線。
そして、第二回裁判が2ヶ月後に開かれます。
裁判官にいかに、不動産業者のやり方が、 通常のやり方から逸脱したやり方で、手馴れているかを説明し、写真を元に合理性を提示したところ、何と驚きの調停案が示された。
「流石に、不動産業者の方もきちんと最低限の修理代は必要でしょうから、ここは合理的に8万円が妥当だと思いますがいかがですか?」
50万円の請求に対し、裁判所が下した判断は8万円。
後一回、裁判に来る労力を考えたら、ここで手を打つのが大人の判断だ。
ホッとしながら、良心ある裁判官に感謝した日であった。
>>>>>>

とかなり長期間に渡り、今回の一件には 悩まされた訳ですが、不動産のゼロゼロ物件は人気ですが、入居に保証金やクリーニング代など、何故か家賃の半分くらいの手数料が、事前にかかりますし、退去時にこんなトラブルになるケースもありますから、賃貸物件探しは慎重に選ぶ事をオススメします。

以前ゼロゼロ物件の退居費用でまんまと50万円請求された件  http://www.enjoyyourlife.jp/2015/03/blog-post.html?m=1


ゼロゼロ物件の退居費用でまんまと50万円請求された件-その2- http://www.enjoyyourlife.jp/2015/03/2.html?m=1

ゼロゼロ物件の退居費用でまんまと50万円請求された件-事後記- http://www.enjoyyourlife.jp/2015/03/blog-post_15.html?m=1

ゼロゼロ物件の退居費用でまんまと50万円請求された件- その2 -

>>>>そして2ヶ月後>>>
私の腹は煮えくり返っていた。。。 

ぐつぐつと、ぐらぐらと。 

そう、特上カバチのネタにもなった、社会現象、ゼロゼロ物件(敷金ゼロ、礼金ゼロ)の物件の原状回復の問題(退去する時に、入居時の状態に戻す義務の問題)の被害にあっていたからだ。 

強面のにーちゃんが来て、平気で家賃3か月分の見積もりを出して、原状回復の交渉もむなしく、50万円の請求が来てから、私は、原状回復のガイドラインや、原状回復問題に関する裁判例を読み漁り、 

やっとの思いで 



仮「ベスミソGが 賃貸した物件の原状回復についての見解書」 
を作成して、私は、新橋のある、法律事務所へ向かった。 



そう、弁護士相談だ。 


これが、人生初の弁護士相談であるので、「初めての弁護士相談」となる。 
30分 5000円也 チャリーン。  


弁護士の先生の見解はいたって明快であった。 


1、 見解書には写真を多く、鮮明なものをのせる。 
2、 部屋の間取りが一目で分る見取り図と、見取り図に写真番号を入れる。 
3、 なるべく、原状回復のガイドライン等、引用を明確に。 

という事であった。あとは、交渉の実際を教えて頂いた。 



それにのっとって、見解書を再度作り直して、 


「ベスミソGが 賃貸した物件の原状回復 についての見解書」 


を完成させた。 

丁重に、包装し、内容証明の書留で不動産屋に送ってやった。 


そしてそれから、2日後経ち、 

毎日、原状回復費用の催促の電話に悩まされていたのが嘘のように、 催促の電話はピタリと止まった。 


それから、2月が経とうとしているが、、、 

不動産屋からは、1回の着信さえない。 

ひとまずは、勝利!!といっていいんじゃないだろうか。 


まぁ、見解書作るの超大変だったし、仕事にも集中できない時あったし、精神的被害は 
甚大だったから、全く喜べないのだけど。 


一安心だ。。。 

もしかして、また、不動産屋から、請求が来るかもしれないが、もう、大して怖くはない。 
おそらく、8~9割は、勝てるだろう。相手も割りに合わないことはやらないだろうし。 



このたびは、本当に色々な方に、相談にのっていただき、お世話になりました。 


アドバイスしていただき皆さん、ありがとうございました。 


そして、もし、いつでも、同じ目にあった方がいたら連絡ください。私の見解書と体験を参考にしてもらえるよ…

以前、ゼロゼロ物件の退居費用でまんまと50万円請求された件

今から3年も前になりますが、敷金ゼロ、礼金ゼロ、新築物件で一悶着あった時の一部始終を、SNS限定で書いていたのですが、これからのシーズン、東京へ多くの若者が引っ越してくるので、そんな若者達の為に公開します。
あと折角、東京に住むんだから、出来るだけ安く新築のデザイナーズマンションに住みたい!敷金礼金ゼロゼロ⁉︎に飛びつこうとしている。そんな見栄っ張りのあなたにも送りますfor you!
あなたの選んだ新築ゼロゼロ物件、大丈夫ですか?!

>>>>ここから>>>>
Shit!!
敷金ゼロ、礼金ゼロ、新築!!
オートロックに、浴室乾燥から、ウォシュレット付きのマンションにめでたく、入居したのが、ちょうど、1年ちょっと前。
色々あって、退去を決めたのが、12月。
そして、引越しも終わり、最後の部屋の明渡しの立会い。
壮絶な生活の傷跡か、1平方メートルのフローリングに傷をつけてしまった。
他の部分は引越し後から、1週間かけて、綺麗にしたので何とか壁とかは経年劣化で済むかなと思われます。
でも床と、ドアの修理で、10万位いっちゃうかなーと思っていました。
さて、退去時の部屋の状態確認に不動産業者さんとの立ち会いの日。
入ってきたのは、茶髪短髪に、色眼鏡に髭の超イカチイお兄様。
職人さんのようで、色々と、原状回復についての説明 (入居当時の状態に戻す為の壁の張替えや、床の張替えなど)が入念にあって、一応、あちらの言い分は、筋が通っていました。ちょっと、高くつきそうだな。

しかし、「しめて50万円になりますね。」

「えっーーーTmT ????えーーーー??」