スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

フルムーンパーティー / Fullmoon Party (タイ・パンガン島)への行き方 2018 パーティー編

フルムーンパーティー / Fullmoon Party (タイ・パンガン島)への行き方 2018

Party /パーティー編
Full Moon Party は もう写真や動画では語りつくせないので是非、 直接行ってみて遊んでみてほしい。









Haad Rin Beach にいくつものBeach Barがありその都度、DJブースが ある。かかる曲はそれぞれで、EDM多め、HipHop、Reggeton、洋楽
が中心。遊びに来ているのも欧米人が多めで世界各国から集まっている。

特におススメなのが、ファイヤーダンスと言われる リンボーダンスと、炎の大縄跳びだ。

太い大縄に油をひたひたに浸し、火をつけて大縄跳びを一晩中やっている
一角があるのだ。
ひっきりなしに飛ぶ人が現れて盛り上がっているので、本当に
クレイジーな奴らが集まっていると思う。


筆者もファイヤーダンスに挑戦してみた。 があえなく失敗したが一生の経験になったw。

日本人は率は低いのだけど、欧米人率が高いので、なかなか日本人は貴重、たまに日本人同士、会うとすぐに仲良くなれる。やはりこういう時同郷はありがたい。
ちょっと、一息入れるのにおススメなのがここ Rock & Bar Restaurant
ファイヤーダンスと、盛り上がるパーティービーチを眺めながら、ビールを飲むのも
また良い!!

他にもYoutuber の方達でもFullmoon Partyの体験をアップしている人がいるので
参考にしてほしい。




フルムーンパーティー / Fullmoon Party (タイ・パンガン島)への行き方 2018

TAICOCLUB'13 / タイコクラブ'13 TAICOCLUB の 予習ページ

【TAICOCLUB】タイコクラブ'13 http://taicoclub.com/13/ TAICOCLUB タイコクラブ 2006年より長野県木曽郡木祖村のこだまの森で毎年6月上旬頃に行われている。また、2009年には神奈川県川崎市の東扇島東公園でTAICOCLUB KAWASAKIが、2010年からは新潟県中魚沼郡津南町のニュー・グリーンピア津南でTAICOCLUB campsが9月に行われている。 ミニマル・テクノ、エレクトロニカ、ポストロックなどの音楽ジャンルを中心に洋・邦問わず、様々なアーティストがライブやDJを行うことが特徴である。



まとめサイト nawokiiさん がわかりやすくまとめてくれてます。
http://matome.naver.jp/odai/2136643518448529301


本Blogの紹介文はTAICOCLUB13 のHPより


cero

Contemporary Exotica Rock Orchestra 略してcero(セロ)。2011年、初の流通音源『WORLD RECORD』を〈カクバリズム〉より発売。本秀康氏による印象的なジャケットのイラストも相まって好評を得る。2012年10月、2ndアルバム『My Lost City』を発表。








clammbon

福岡出身の原田郁子、東京出身のミト、北海道出身の伊藤大助が専門学校で出会い、1995年に結成。シングル『はなれ ばなれ』で、1999年にメジャーデビュー。当初よりライヴやレコーディングなどにおいて様々なアーティストとのコラボレーションを重ね、楽曲提供、プロデュース、執筆活動など多岐に渡る活動を続ける。2002年より自身らの事務所『tropical』を設立、また山梨県小淵沢にスタジオの制作、そして近年ではサウンドシステムを保有し、バンドとして、独自のスタンスを築き上げている。
また、自前のサウンドシステムから楽器、メンバー全てを車1台に乗せて、ファンから募集した会場を全国駆け巡る『ドコガイイデスカツアー』が2年ぶりに今年は再び開催予定!









Clark




Colin Stetson






電気グルーヴ





DIAMOND VERSION