スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2011の投稿を表示しています

今週の土曜日のTHE MANZAI2011に、、、

5年ほど前、私は、仕事で大きな挫折をして、追い詰められている時期があった。
その頃、私は、色々と経済上も追い詰められていて、高校の同級生を頼って、武蔵小山の 家賃2万円のアパート暮らしをしていた。 (不遇の武蔵小山時代より)
そのアパートは高校の友人の実家が運営していて、友人の職業柄もあり、隣人が全員芸人であった。
そんなボロアパートに、住み続けている一人の芸人がいた。名前はシロウ。どっからどうみても 気のいいお兄ちゃんで売れっ子のオーラはゼロであった。
シロウさんは、高知から出てきていて、朝も夜もバイトをしていて、生活するので精一杯の様子 であった。
朝方、カラオケの夜勤から帰ってきて、やっと寝床に入ったシロウさんを、隣室で朝がめっきり駄目な 私の非常ベルの様にケタタマシイ目覚まし時計が毎朝鳴り、容赦なく彼の心労を蝕んでいった。
2ヶ月くらいたった、ある日、大家の友人から、シロウさんが、私の目覚まし時計に苦しんでいると吐露したと、苦情が入った。彼は優しすぎて、苦情を言うのを2か月悩んでいたのだとういう。
ちょうど、仕事も、少しづつ復活してきていた私は、非常ベルと同様の殺人的な音の目覚まし時計を鳴らしても大丈夫な、部屋への引越しを決意した。
シロウさんとは、それ以来になるのであるが、ちょくちょく、友人の企画するお笑いイベントを観覧しにいった時に冴えないが、地道に出演して頑張っていたのを記憶している。
先日また、友人に会って話した時に、色々な芸人が売れてあの家賃2万円のアパートを出ていくが、シロウさんはとうとう、10年在住になってしまったと話していた。
そんな、シロウさんにもとうとう転機がやってきたようだ。
苦節10何年、地元高知では巨大ゴキブリに足をかまれて、大怪我で有名になってしまったり、親に無心しすぎて親が畑を何坪も売って仕送りをしたという大馬鹿者のシロウさんが、THE MANZAIの決勝トーナメントに残ったらしい http://www.themanzai.com/
エルシャラカーニの山本シロウさん  、
http://www.themanzai.com/
今まで面倒を見続けた私の友人O君の為にも頑張ってもらいたいものである (^^))