スキップしてメイン コンテンツに移動

フルムーンパーティー / Fullmoon Party (タイ・パンガン島)への行き方 2018 パーティー編

フルムーンパーティー / Fullmoon Party (タイ・パンガン島)への行き方 2018

Party /パーティー編
Full Moon Party は もう写真や動画では語りつくせないので是非、 直接行ってみて遊んでみてほしい。









Haad Rin Beach にいくつものBeach Barがありその都度、DJブースが ある。かかる曲はそれぞれで、EDM多め、HipHop、Reggeton、洋楽
が中心。遊びに来ているのも欧米人が多めで世界各国から集まっている。

特におススメなのが、ファイヤーダンスと言われる リンボーダンスと、炎の大縄跳びだ。

太い大縄に油をひたひたに浸し、火をつけて大縄跳びを一晩中やっている
一角があるのだ。
ひっきりなしに飛ぶ人が現れて盛り上がっているので、本当に
クレイジーな奴らが集まっていると思う。


筆者もファイヤーダンスに挑戦してみた。 があえなく失敗したが一生の経験になったw。

日本人は率は低いのだけど、欧米人率が高いので、なかなか日本人は貴重、たまに日本人同士、会うとすぐに仲良くなれる。やはりこういう時同郷はありがたい。
ちょっと、一息入れるのにおススメなのがここ Rock & Bar Restaurant
ファイヤーダンスと、盛り上がるパーティービーチを眺めながら、ビールを飲むのも
また良い!!

他にもYoutuber の方達でもFullmoon Partyの体験をアップしている人がいるので
参考にしてほしい。




フルムーンパーティー / Fullmoon Party (タイ・パンガン島)への行き方 2018

俺のBluetooth家族に新メンバーを投入した件

基本的にGoogleの今回の姿勢は、尊敬出来る。
http://jp.wsj.com/Business-Companies/Technology/node_45233


民主主義、言論の自由のある所に、真の文化あり。。。

Googleの真価と真髄は、言論の自由にあったわけです。

中華人民共和国、10億人以上が一党に統制される国、中国の最近の検閲のワードには、正直、どん引きです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Google

しかし、発展するから、繁栄するから、今回の行動にGoogleは出たのではないかと。

理想だけでは、オマンマ食ってけませんから。

とGoogle賞賛しといて、Androidでは、なくて、iphoneヘビーユーザーなベスミソwです。

ところで、我が家のBluetoothファミリーに新メンバー投入です!




な、何と国産!ハンズフリー!あったのねーー!!



ワイヤーもSONYのみたいに、


収納できないのじゃなくて、結構右手におさまっちゃいます。

音楽も聞ける、ワイヤレスヘッドホンが、遂に登場!




サンワサプライ!
Bluetoothステレオヘッドセット MM-BTSH24

いい仕事するねーーーー。。





今回は、彼女にプレゼント!
ソフトバンクでも、ドコモでもアーウーでも、青歯こと、Bluetooth対応なら、ok!!

iphoneみたいに、早送り、巻き戻しできないとかいう、半端なバグないし、やっぱ、携帯は国産だよね!!

洗い物しながら、電話。
掃除しながら、電話。

できますよ。

これなら、ウェイトリフティングしながらも電話できるし!!

ちなみに運転しながら、ワイヤレス通話すると、捕まりますので注意してくださいw。

次に紹介するのが、これ!!!


Pocket Wifi
 懐中 猥褻物

ちょっと、強引ですか。

つい先日、山手線を止めた線で、まったく悪くないのにBadなイメージのついた、Wimaxちゃんの
弟分で、いつでも、どこでも、快適にインターネットができるのであります。

PSPGOや、Dsiとか、Wiiもできちゃいます。

えっ?ネットつながなくても?

そうなんです、いいんです。

でも 7MB程度なんで、所詮、携帯用です。

ちなみに、ゼロ円でゲットしました。
http://www.keitai-center.com/index.html



これが、あれば、世界中、Skypeで、無料通話も夢じゃない。

ただし、皆、Skype持ってなきゃ意味ないけど。

skypeといえば、
ビデオ携帯電話!!


完全に片思い。。。

いつか、ベストガ48のメムバーに入れてやる。。。


BlueToothファミリーラストの紹介は、
MicroSoftのワイヤレスマウス。

まじ、快適です。





こうみると、完全に私、藤原物欲鎌足(フジワラノブツヨクノカタマリ)ですね。





- Posted using BlogPress from
my iPhone

コメント

このブログの人気の投稿

VAIO Content Metadata Manager 誰だよこんな仕様見逃したの!! ProgramData>Sony Corporation>VAIO Content Metadata>CM

SONYのVAIOに入っているテレビ視聴ツール
Giga Pocket Digital Ver.1.
この、CM解析の自動保存機能、これは、ひどいね。


オトンから、PCのVAIOの調子が悪いって、いわれて即レスキューに出向いたら
VAIOの速度がめっちゃ重い。
何で?CPU2.8GHzだよ。メモリ4GB積んでるよ?


http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se277549.html
DriveAnalyzer

でPCの中身チェックしてみると、、、
HDの容量が1TB中900GB使用中っと、、、
えっ?

そんでもって、さらに、PCの中身チェックしてみると、、、

ProgramData>Sony Corporation>VAIO Content Metadata>CMのファイルだけで、
500GB使っていることが判明。
誰が、CM解析(これがあると、録画した時、CMを抜いたりできる)に、500GBも
許可した!!!
ふつう、PC設計するんなら、500GBもCMツールが使ってはいけないこと位、容易に
想定できるだろう。
これが、SONYクオリティーですか???
呆れた。


http://hotstreet.vaio.sony.co.jp/article/article.php?id=74659
調査して、CMフォルダを消してのことで、CMフォルダを消してやっと
使用領域500GB



ないですね。(ー0ー;)

天下のSONYのVAIOが、これですか。まぁ、仕方ないか。1年もソフトの使用チェックなぞ、する事はできないだろうし。
修正アップデートも出ているし。
http://vcl.vaio.sony.co.jp/download/EP0000212699.html


しかし、こんなツールどう考えても、リスクの方が大きすぎます。

おとんに許可とって、
http://search.vaio.sony.co.jp/m/S0910021067365/
ここのやり方で、順番に削除しましたよ。


「VAIO解析マネージャー」をアンインストールします
ご注意以下の順番でアンインストールを行います。
VAIO Content Metadata XML Interface LibraryVAIO Content Metadata Intelligent …

SQLServer でリモート接続時のクライアント側で確認すべき点 クライアント:マカフィー McAfee導入時

質問
DB
SQLSERVER 2005に対して

地点A
PC1:リモート接続 
OS:windows XP
クライアントソフト:「SQL Server 2005 Management Studio」
SQLSERVER認証、接続OK

地点B
PC2:リモート接続 
OS:windows XP
クライアントソフト:「SQL Server 2005 Management Studio」
SQLSERVER認証、接続OK

地点B
PC3:リモート接続 
OS:windows 7
クライアントソフト:「SQL Server 2005 Management Studio」
SQLSERVER認証、接続NG

PC3で
「SQL Server 2005 Management Studio」

しゅんしゅんクリニックPとDJ ふぉい のポケモンお薬言えるかな 替え歌 炎上事件を振り返る

どうも、しゅんしゅんクリックTです。
さて、今日は今、人気急上昇中の医師免許を持ちながらお笑い芸人である「しゅんしゅんクリニックP」さんと、こちらも大人気「DJ ふぉい(レペゼン地球)」さんのポケモンの替え歌にまつわる炎上を時系列で振り返ろうと思います。
以後、敬称略
https://twitter.com/fleming_miya/status/876374116927807489?s=21
2017年6月18日に、しゅんしゅんクリニックP
が、「お薬言えるかな?」作ってみました。とTweet





2017年6月20日 DJふぉい の人垢 ✩国民「F」✩
からしゅんしゅんクリニックPへ パクリ疑惑を指摘するリプライ https://twitter.com/in_foyland/status/877077819959816194?s=21









それに引き続き 2017年6